超音波歯ブラシとは

スマイルエックスAU-300Dの超音波とは

スマイルエックスAU-300Dの160万Hzの超音波振動は、人間の目や耳では確認することができず音や振動を直接感じることはできませんが、従来の歯ブラシでは難しかった、歯にこびり付いた歯垢の元になる汚れ(不溶性グルカン)を分解し、プラーク(細菌の固まり)を付きにくくすることが大きな特徴です。

 

音波歯ブラシと超音波歯ブラシの違い

  音波歯ブラシ(他社製) 超音波歯ブラシスマイルエックスAU-300D
超音波 無し 1.6MHz(160万回/秒)
振動周波数 31,000回/分 16,000回/分(音波振動)
磨き方 歯面に当てて少しずつずらしていく 手磨き歯ブラシ同様小刻みに動かす
使用感 機械的にプラークを除去するため強めに感じる

振動幅が小さく、磨き心地は柔らかい

音  機械的にプラークを除去するため大きめに感じる 超音波振動音は無し  付随する音波振動は微弱なため音は小さめに感じる 
効用 プラークを物理的、機械的に除去する

1.6MHzの低強度超音波により 
1)歯面のプラークの付着力を弱めるためプラークが落ちやすく付きにくくなる 
2)バイオフィルムの形成を抑制する
3)

 

超音波の出力について

超音波発振と音波振動を組み合わせた特徴を持つ「スマイルエックスAU-300D」。ヘッドの部分に埋め込まれた超音波振動素子が160万Hzの超音波を発振し、本体に内蔵した音波振動がブラッシングを補助します。

 

スマイルエックスAU-300Dは、スイッチボタンを1度押すとLEDランプが赤色に、もう1度押すと緑色に変わります。赤色点灯時は音波振動と超音波の同時出力状態、緑色点灯時は超音波のみの出力状態(振動音は感じられません)になります。

 

超音波測定動画